表参道 美容室Soleil(ソレイユ)|オフィシャルウェブサイト

03-6434-7261

BLOG

赤みの強い方のアッッシュカラーについて

ブログ画像

Soleil菊地です。

今日は赤みの強い人のアッシュカラーについて!

美容室で「アッシュ」はよく耳にするし、オーダーされる方も多いかと思います。

でもアッシュとはなんぞや?

色でゆうアッシュは直訳すると「灰色」「グレー」です。

でもこの色をそのまま髪に載せるとなかなかアッシュにはなりません。

髪のもともとの色素に負けてしまいます。

ブリーチで脱色して白に近いベースなら綺麗なシルバーアッシュになります。

大多数の方はブリーチできないのでここではブリーチをしない前提で、、、

日本人の髪は黄色と赤の強い黒髪ですが、特にこの赤味が強い人(以下 赤メラニン)がなかなかアッシュになりにくい、、、

美容室で染めてもらっても赤メラニンの人はアッシュがでにくく満足感が低いのは、アッシュあるあるです。

しかも赤メラニンの人は明るくなってくると今度は赤と黄色の混ざったオレンジ味が強くなってきます。

ヘアカタ見てもアッシュ系カラーのモデルさんの髪は赤みが弱くて黄色みが強い人が多いです。

もともと赤が少ない方がアッシュになりやすいんです!

じゃあそんな赤メラニンさんが満足いくアッシュヘアにするにはどうすればいいのか?

まず1番ガンコな色味の赤を消すために反対色の緑(マット)を必ずいれ、反対色で打ち消し合わすのです!赤が強い日本人には必須カラーです。

さらにオレンジも消さなければアッシュにはなりません。

オレンジの反対色は青です。その青と先ほどの緑を配合した青緑にグレーをミックスして初めてアッシュになります。

なので赤みのもともと強い人のアッシュはこれらを混ぜて作ると良いのです!

赤みが強いのにカラー材表記にだまされて青だけ入れる美容師さん、けっこう多いです。

「アッシュ」とだけ書かれてたらだいたい青だけアッシュなので。
さらに言うと理想は赤~オレンジ~黄色の比率を計算し、明るさとの割合で青・緑・グレーの調合を加減します。

例えば赤が強いほど緑の割合を増やします。

そうすると赤が強い人でも綺麗なアッシュがでます!

そして赤メラニンさんは髪が太い、堅いことが多いです。

でも赤とオレンジを打ち消したことで柔らかさ、軽さが出ます!
色の持つ効果ですね!

こういったカラーの色の仕組みをきちんと理解した美容師さんにカラーを任せましょう!
PAGETOP